Q.商号を登録済みでも商標登録を検討する必要はありますか?

商号(例:「○○株式会社」)は、登録を受けた法務局管轄内でのみ有効であるのに対し、商標権は、原則として国内全域で権利を主張できるものです。また、商標権は、会社略称やロゴ、商品名、サービス名等も登録することができ、さらには、他者の類似的な使用についても禁止することができるものです。ブランド展開や真似の防止をお考えの場合には、商標登録をしておくことをお勧めします。